音も撮れるチェキ

便利グッズ
Sponsered Links

こんにちは すきま人のnassuです。

私が若い頃に流行ったチェキ。
一時期は名前も聞かなくなっていましたが、
久しぶりに目にしたチェキは進化していました。

チェキの最大のセールスポイントは「世界で唯一の写真が撮れる」って
事ですよね。増し刷りもできません。ネットで友人と共有もできません。
私は、これって素晴らしい事だと思うんですよねぇ。

Sponsered Links

instax mini LiPlayはQRコード併用で音まで記録

instax mini LiPlayは、サウンド機能を新たに搭載した、ハイブリットインスタントカメラです。
シリーズ史上最小・最軽量のカメラ本体には、スマホの画像をチェキフィルムにプリントできる「ダイレクトプリント機能」やinstaxシリーズ初の音声をQRコード化して写真とともにプリントできる「サウンド機能」など、機能満載の機種となっていました。

本体サイズはW82.5×H122.9×D36.7mm、重さは約255g(フィルムパック、microSDカード含まず)と、従来のチェキよりも大幅に小型軽量化した。カラーは、エレガントブラック、ブラッシュゴールド、ストーンホワイトの3色を揃えています。

チェキの機能

モニターを見ながらの撮影

カメラ背面にLCDモニターを搭載しています。このモLCDニターを見ながら撮影ができるので、撮影した画像の中から、お気に入りの画像を選んでプリントすることができます。

音をQRコード化してプリント

最も特徴的なサウンド機能は、撮影後に本体前面の⑥(サウンド)ボタンを押すことで最大10秒の音声を録音できます。録音した音声データは、Bluetoothで接続しているスマホ経由でインターネットにアップロードし、再生用のURLアドレスをQRコード化し写真内に同時にプリントします。スマホでそのQRコードを読み込めば音声が再生できます。音声はサーバに最大1年間保存されます。
海に行ったときに波の音と共に写真を撮ったら素敵ですよね。

FUJIFILM 「instax mini LiPlay」取扱説明書

スマホの写真をワイヤレスでプリント

アプリの使い勝手は非常によくて、スマホ内の写真をワイヤレスでプリントする事が簡単にできます。instax mini LiPlayのカメラ機能を使うよりも、スマホ内の写真のプリントがメインになりそうですね。

フレーム&フィルター

カメラ本体には、セピア調やモノクロ調などに写真を加工できる6種類のフィルター機能と10種類のデザインフレームを搭載しています。スマホ専用アプリ「instax mini LiPlay」(無料)を使って、20種類のデザインフレームを追加し、計30種類の中から好きなフレームを選んで楽しむことができます。

リモート機能

スマホ専用アプリ「instax mini LiPlay」(無料)をダウンロードして使えば、カメラから離れた場所からスマホでシャッターを切ることができます。自撮り、集合写真等々、用途が増えますね。

まとめ

スマホのカメラ機能の性能アップに伴って、インスタントカメラを使う機会が少なくなってきましたが、instax mini LiPlayはこんなに楽しい使い方ができるんですね。
プリントした写真を見ながら会話も弾みそうです。何より、写真に音声が付いてくるなんて素晴らしくないですか。そして、この写真は世界でたった1枚の写真です

コメント

タイトルとURLをコピーしました