丈夫なボディは何処へでも持ち運べます!!あなたはC523NAとの一緒のシーンに感激します

インターネットねた
Sponsered Links

こんにちは すきま人のnassuです。

人間は住んでいる国とか、しゃべる言語とかでアメリカ人とか、日本人とかフランス人とか・・区別をしますよね。パソコンも同じで、MacはMac OS(パソコンの言葉のような物)、WindowsパソコンはWindows10等、そしてchromebookはchrome OS(googleが開発)を備えています。その言葉の上で、アプリとかソフトウエアが動いています。

Chrome OSを搭載したノートパソコンはChromebookですが、デスクトップやモニタ一体型のパソコンもあって、それぞれChromebox、Chromebaseと呼ばれます。タブレット端末はchromebookタブレトと呼ばれています。

今日はその中からchromebook C523NAをご紹介しようかと思います。
その前段でもう少しchromebookの説明をしようかと思います。
コチラの記事でも紹介していますが、chromebookの長所、短所もお伝えしていきます。

chromebookの長所(メリット)

・なんと言っても価格が安いです。
・他のOSと違ってデータ処理をほぼブラウザ上で行うため、負荷が軽減されます。
・不要な機能を省き、最低限の機能に抑えてあるためコスパに優れている。
・バッテリーの駆動時間が比較的長い。
・chromebookはgoogle play storeでアプリのインストールができる。
・chromebookはLinuxアプリが使える。
・ほとんどの作業はgoogleアプリで完結します。(Gmail、YouTube、googleスプレッドシート、googleドキュメント、googleスライド等々)
・端末への負担の軽減のメリットとして端末を冷やすための冷却ファンなどが必要なく結果端末の軽量化に繋がっている。
・端末の立ち上げ速度が信じられないくらい速い。10秒程度。Windowsの立ち上がった時のあの音を待たなくても大丈夫。当然終了も同様です
・chrome OSではプロセスが、コンピューター上に設けられた安全な仮想環境(サンドボックス)の中で行われるためセキュリティ面に関して優れている
・常に最新のchrome OSにアップデートされる。

chromebookの短所(デメリット)

・WindowsやMacOS上で動いているソフトが利用できない。
chromeOS以外のOSを使ってきた方にとってはchromebook一本にするのは少々難しいでしょう。
・chromebookは印刷関係に弱い。ネットワーク接続による印刷が基本となるため、対応したプリンターが必要となります。自宅で年賀状印刷をされてる方は、chromebookでは印刷ができないでしょう。やはり従来使用してきたパソコンと両刀遣いが良いでしょう。

ASUS Chromebook C523NA


画像をクリックすると公式サイトへ。

特徴

15.6インチの大画面ディスプレイを搭載しながらも、本体は15.6mmの薄さと、約1.43kgの軽さを実現しています。天板がアルミニウム合金仕上げなので、外出の際にも安心です。
本体は180度に開閉でき、反射の少ないノングレア液晶を採用したので、1台のPCを囲みながらのグループディスカッション等にも不自由なくスムーズに使えます。
USBポートはUSB3.1(Type-C)を2ポート。USB3.0×2(Type-A)、microSD×1,Type-C-HDMIのアダプターを付属。HDMIケーブルを利用してディスプレイにchromebookの画面を出力できます。

スペック

その他

chromebook C523NAの自動更新ポリシーの期限は、2024年6月までです。

まとめ

今回はchromebook C523NAの紹介でした。これから他の機種も順次紹介していこうと思っています。
chromebookで快適なパソコン生活を送れるといいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました