もっと手軽にホットプレートを使いたい!!アイリスオーヤマのDPO-133-C 両面ホットプレート

喜怒哀楽
Sponsered Links

こんにちは すきま人のnassuです。

家族で焼肉を・・と思うのですが、ホットプレートの図体がでかくて中々使えない。
後片付けでホットプレートを洗うのがすっごく面倒。
もっとコンパクトで、収納も楽ちんだったら良いのに
・・と我が家のかみさんはいつも言っています。

そこでまたまた探してみました。
そんな望みをかなえてくれるホットプレート。

イリスオーヤマの両面ホットプレートです。

Sponsered Links

両面ホットプレート

きっかけは妻との食卓、好みの差

両面ホットプレートのアイデアが生まれたのは、自宅で鉄板焼きをしている時でした。
妻は海鮮が好きなのですが、私は大の苦手。妻が肉の隣で海鮮を焼き始め、エビやホタテのエキスが大量に肉の方へ…。私は海鮮どころか肉も食べられず、とても悲しい思いをしました。焼くものによってプレートを分けられればいいのにと考え、分離された2枚のプレートからなるホットプレートの開発を思い立ちました。
アイリスオーヤマのサイトより引用

確かに好みによってプレートを使い分けると言うのもありですが、
海鮮と肉の出汁が交わらないというのも良いですね。
このホットプレートの良いところは、プレート毎に温度調整ができるところです。
温度は80℃~250℃の間で設定ができます。
片方でお肉を焼いて、もう一方で低い温度で野菜を焼けば野菜が焦げずにすみますよね。
また、一方では加熱をし、もう片方では保温をするなんていう使い方もできますね。

仕様とスペックは以下の表の通りです。

選べる3プレート

ホットプレートには3種類のプレートが付属しています。
「平面プレート」、「たこ焼きプレート」、「ディンプルプレート」です。
ディンプルプレートは肉の脂が、プレートのくぼみに落ちやすくて、お肉を美味しく頂けます。

収納

収納時は、折りたたんだ状態で自立させると幅は約15.5cm、高さは約34.3cmまでコンパクトになります。付属品も中に収まるので、収納には便利です。また、使用したプレートは取り外して丸洗いができるので後片付けに超便利です。本体にはカバンのような取っ手が付いていますので、今までのように両手で運ぶ必要は無く、片手でも運べます。本体にはプレートを固定するロック機構がありますので、移動中に本体が開いたとしてもプレートが中から落ちる心配はありません。

口コミ

まとめ

これなら我が家のかみさんも楽ちん。
外に焼肉を食べに行く必要が無いかもですね。
浮いたお金でお小遣いアップ。

女性
女性

そんな余裕はありません。

なっす
なっす

トホホ。

車に積んで移動もできそうだし、電源のあるアウトドアならこのまま使えそうですね。

身体にも、お財布にも優しいホットプレートです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました